トップページ > 人材育成と福利厚生

人材育成と福利厚生

人材育成イメージ 人材育成

メンター制度

伊藤ハムグループでは、2012年度からメンター制度を導入しています。この制度は新入社員1名に対し1名以上のメンター(=よき相談相手、支援者)を任命し、新入社員を計画的・重点的・継続的に育成・指導するものです。早期かつ着実に即戦力となっていただくために職場と会社が一体となって成長促進を支援します!
制度の運用後、メンターの役割を担う社員の育成・指導力の向上、先輩が後輩を育成する土壌ができつつあります。また、教えられたメンティーが次はメンターとなり、後輩を育成・指導していくという「育成のバリューチェーン」が創出されています。

教育制度

伊藤ハムグループは、社員一人ひとりの成長と組織の発展を実現することを狙いとして、教育制度において大きく2つのコースを用意しています。具体的には、全社員を対象とし、ビジネスに必要な基本的なスキルの習得とキャリア開発を目的とした「BASICコース」と、人や組織のマネジメントに求められるスキルの習得とその強化を目的とした「ADVANCEコース」を設けています。教育プログラムとしては、「BASICコース」において「リーダーシップ養成プログラム」「ビジネススキル養成プログラム」「キャリア開発プログラム」を、また「ADVANCEコース」には「次世代リーダー育成プログラム」「マネジメント強化プログラム」「ビジネススキル強化プログラム」「キャリア開発プログラム」を設けています。なお、高い成長意欲を持つ社員に対し積極的に学習の場を提供するため、教育研修の中には応募型で受講者を募るプログラムも用意しています。

教育制度の体系
教育制度の体系図表
教育プログラム
教育プログラム図表
[参考]新入社員研修
入社時 導入研修 入社後約2週間の集合研修を行います。社会人として必要な心構えやビジネスマナーのほか、伊藤ハムグループの一員として求められる姿勢や基礎的な知識を修得します。
新入社員 フォロー研修 入社からの4ヶ月間を振り返り、同期の仲間の仕事への取組み(意識、実践行動)を互いに確認し合うことで不安を払拭し、さらなる成長につなげるポイントをお伝えします。
2年目 フォロー研修 入社からを振り返り、自らの成長目標を描いていくと共に、仕事の進め方の質を高めるための知識を習得します。
3年目 フォロー研修 知識の中で自らの役割を認識し、主体的に行動できる人材を目指し、論理思考力をベースに、自律型思考への転換を図ります。
PAGE TOP↑

福利厚生イメージ 福利厚生

財形貯蓄制度

社員自身が決めた金額を、会社が毎月の給与などから差し引き、社員に代わって金融機関に積み立てる貯蓄制度です。住宅・年金・一般の3種類があり、目的に合わせて将来のために計画的に貯金することができます。

住宅支援制度

社宅:独身社宅、単身社宅、福祉社宅、転勤社宅
制度:住宅手当
社員一人ひとりのライフサイクルに応じて、多彩な社宅や住宅手当を設けており、それぞれ一定の条件で、入居あるいは、手当の支給を受けることができます。会社が指定した物件に入居するのではなくご自身で物件を探していただけるので、ライフスタイルに合った暮らしを実現できます。

カフェテリアプラン

社員が1年間に利用することのできる福利厚生費の枠をポイント化し、そのポイントの範囲内で、各自のライフスタイルやニーズに合った福利厚生メニューを選択・利用してもらう制度です。
例:通信教育受験料補助、旅行費用補助、スポーツカルチャー活動費用補助、保育園・託児所・幼稚園費用補助など

休暇制度

夏季・年末年始休暇、年次有給休暇(計画的年休、勤続到達年休、積立保存年休、アニバーサリー休暇など)、特別休暇、産前産後休暇、育児休暇、介護休暇、家族ケア休暇など

慶弔見舞金支給制度

社員の慶弔・罹病・罹災の際にも、それぞれの祝金や見舞金が支給されます。結婚祝金、出産祝金、香料・弔慰金、災害見舞金、傷病見舞金など

表彰制度

社員の士気を高め、経営能率の増進を図るために、様々な表彰が用意されています。社長賞、事業本部長賞、優良賞、功績賞、勤続賞、特別賞などの表彰制度があり、社員のやる気やモチベーションを高めています。

生命保険・損害保険・グループ保険

団体割引により、個人での月払い契約より割安で、各種生命保険・損害保険に加入することができます。また、各種グループ保険もあり、希望により、様々な補償を受けることができます。

Benefit Station

株式会社ベネフィット・ワン(主事業:福利厚生代行事業)が運営しているBenefit Stationの会員となり、全国の宿泊施設、レジャー施設やパッケージツアーなど、社員のニーズに広く対応したサービスメニューを会員価格で利用することができます。

PAGE TOP↑

ワーク・ライフ・バランスイメージ ワーク・ライフ・バランス

ワーク・ライフ・バランス推進委員会を設置

伊藤ハムグループは、育児や介護など、従業員それぞれの状況に関わらず、一人ひとりが生きがいを感じながら働くことができ、能力を存分に発揮できる職場環境を目指して、その実現に向け取り組んでいます。2013年度に「ワーク・ライフ・バランス推進委員会」を設置、2014年度からは、各地区・各社で「ワーク・ライフ・バランス推進担当者」を任命、相談窓口を担うほか、さまざまな施策の浸透や利用促進をしています。

メリハリのある働き方の実現を目指して

メリハリのある働き方ができる職場環境を醸成するため、業務改善への取り組みや、「ノー残業デー」の実施により、労働時間の削減に努めています。また、計画的年次有給休暇制度などにより有給休暇取得を推進しています。

女性リーダー層の育成

伊藤ハムグループのさらなる飛躍を支えるのは人材力であり、貴重な人材である女性の活躍が不可欠です。女性がより重要な役割・責任を担い、将来的に経営や事業の意思決定に参画することが、企業競争力・企業価値の向上につながると考え、2018年度までに女性管理職比率3.0%を目指しています。この目標の達成に向け、女性の積極採用、仕事と育児・介護等の両立支援など働き続けられる環境の整備、女性を対象としたキャリア研修の実施などを通して、女性リーダー層の育成に取り組んでいます。

仕事と育児・介護との両立支援

仕事と育児・介護を担う従業員が、職場において能力を存分に発揮できるよう、「育児休業者職場復帰支援プログラム」「短時間勤務制度」「時差勤務制度」などの両立支援制度を整備しています。また、「仕事と育児の両立ハンドブック」「仕事と介護の両立ハンドブック」を作成し、社内イントラネットで閲覧できるようにしています。さらに2015年度に多様な働き方の実現を目指す検討チームを発足し、短時間勤務制度の拡充と2017年度からの在宅勤務制度導入を決定しました。