SYSTEM 制度を知る

メンター・研修制度

メンター制度

伊藤ハムグループでは、2012年度からメンター制度を導入しています。この制度は新入社員1名に対し1名以上のメンター(=よき相談相手、支援者)を任命し、新入社員を計画的・重点的・継続的に育成・指導するものです。早期かつ着実に即戦力となっていただくために職場と会社が一体となって成長促進を支援します!
制度の運用後、メンターの役割を担う社員の育成・指導力の向上、先輩が後輩を育成する土壌ができつつあります。また、教えられたメンティーが次はメンターとなり、後輩を育成・指導していくという「育成のバリューチェーン」が創出されています。

教育制度

伊藤ハム米久ホールディングスグループでは、企業価値の拡大と活力ある企業風土の醸成を目指し『自律的に成長し挑戦心を持って行動できる人』を育成していきます。 OJT(職場における教育・指導)とOff-JT(集合研修)と自己啓発支援制度により、従業員教育を行っています。 Off-JT(集合研修)としては「階層別(役割認識・知識)」「メンター制度」「キャリア支援」「職種別スキル・知識」の目的別に、若手社員・中堅社員・管理職に研修受講の機会提供を行っています。 自己啓発としては、通信教育・社外スクール・資格取得支援があり、従業員が自ら学ぶ姿勢を支援しています。 若手社員育成については、若手社員は社会人としてのベースになる仕事への向き合い方を強化する時期とし、報連相や目的意識など基礎的な行動ができるよう、メンター制度の運用など、職場と連携した育成体制を整えています。

教育制度の体系

教育制度の体系

[参考]新入社員研修

入社時 導入研修 学生から社会人への意識の切り替えと、伊藤ハム米久ホールディングスグループの社員としての基本姿勢を身につけ、基本行動が出来るように約2週間の集合研修に参加します。
新入社員 フォロー研修 伊藤ハム米久ホールディングスグループの社員としての姿勢と行動について、入社からを振り返り、2年目社員に向けて成長課題を抽出します。自身の成長や個々が抱える疑問・悩み・不安などを同期と共有し、互いの状況を理解し合います。又、自主的に業務に取り組み、着実に遂行するためのスキルを習得します。
2年目 フォロー研修 伊藤ハム米久ホールディングスグループの社員としての姿勢と行動について振り返りをし3年目社員に向けて成長課題を抽出します。又、周りに働きかけながら担当業務を効果的に改善していくためのスキルを習得します。
フォロー面談 職場環境や人間関係などの悩み、不安感を取り除く目的で、1・2・3年目に人事部門の面談があります。
ページトップへ戻る