伊藤ハム CSRの取り組み

環境


企業倫理規範(コンプライアンスの原則)

環境宣言

伊藤ハムグループは創業以来「事業を通じて社会に奉仕する」ことを社是として、食品の安全と品質の向上に努め、食文化と社会の発展に寄与してまいりました。

環境問題が地球規模となり、経営の新しいパラダイムが求められている現在、私たちはこの変化に対応し、継続的な環境保全と自然との調和・共生に配慮した事業活動を通じて、経営品質の高揚を図るべく環境にかかわる基本理念及び行動指針を掲げ、全従業員が一丸となった活動を展開することを宣言します。

環境基本理念

私たちは地球規模の環境保全が、人類共通の最重要課題の一つであることを認識し、事業活動を通じて環境に配慮し、その保全と社会との共生を図る努力を持続的に実践してまいります。

環境行動指針

  1. 開発から使用・廃棄に至るすべての過程で環境影響に十分配慮した商品、及びサービスの開発推進を行います。
  2. 環境に及ぼす影響を考慮し、環境目的・目標を定め、定期見直しにより環境保全の継続的改善を図ります。
  3. 環境関連法・規制・条例・協定を遵守し、自主管理基準を定め環境保全活動に努めます。
  4. 省エネルギー、省資源、及び廃棄物・温暖化物質・オゾン層破壊物質の排出削減を図るとともに、廃棄物の資源リサイクルを推進し、循環型社会形成の対応と地球環境負荷低減に努めます。
  5. 外部・内部監査を定期的に実施し、自主管理の徹底を図ります。
  6. 社内外の環境教育及び社内広報活動を通じて、従業員に伊藤ハムグループ環境基本方針の理解と環境保全意識の向上を図ります。
  7. 海外事業活動において、当事国における環境保全に十分配慮します。
  8. 森林や河川などの自然環境保護活動を推進し生物多様性の保全に努めます。
  9. 伊藤ハムグループ環境基本方針及び環境保全と活動結果について、本ページにて情報開示します。

ページトップへ