子ども未来プロジェクト

子ども未来プロジェクト


子ども未来プロジェクトとは

アジアでは、約1,800万人の学齢期(小学校)の子どもたちが学校に通えない状況です。こうしたアジアの子どもたちに、教育の機会を提供することを目指すユニセフの「子どもにやさしい学校を広める教育事業」を支援します。中でもラオス人民民主共和国は、辺境地や貧しい家庭の子どもたちが取り残されており、就学前教育などに多くの課題があります。
主な支援活動としては、性別や障害に配慮したトイレや手洗い場などのハード面での支援のほか、現職教員への研修、新規教員の育成、就学前の幼児ケア・教育などのソフト面の支援も予定しています。

主な支援活動

早期教育の改善プロジェクト人材開発のために欠かせない支援(2019-2020)

アジアで学校に通えない学齢期(小学校)の子どもは約1,800万人

参加方法と対象商品

お客様の善意を、ユニセフを通じ、教育の機会を奪われがちなアジアの子どもたちに送ります

2019年1月1日(火)〜2月28日(木)の2か月間、対象商品の販売数量に応じて1パックにつき1円を、ユニセフが実施する教育事業に寄付します。
今年度の実施期間は終了致しました。
ご支援、誠にありがとうございました。

プロジェクトの仕組み 対象商品


活動報告

2008年から公益財団法人日本ユニセフ協会(東京都港区)を通じたユニセフ支援活動を実施しています。過去10年間の寄付金は1億5,900万円を超えました。2019年1月1日から2月28日における支援活動の報告については、寄付金の贈呈後に発表致します。

All Rights Reserved, Copyright (c) ITOHAM FOODS Inc.利用規定個人情報保護方針