このご質問は、大変多くのお客様からいただきます。
日頃、何気なく呼んでいる「ウインナーソーセージ」と「フランクフルトソーセージ」、どちらも原料と製造法は同じですが太さ(直径)が異なり、「羊腸または、太さ20mm未満の太さのケーシングに詰めたものをウインナーソーセージ」「豚腸または、20〜36mm未満の太さのケーシングに詰めたものをフランクフルトソーセージ」と呼びます。
日本では、ソーセージの中では「ウインナーソーセージ」が一番食べられていますが、もともと「ウインナーソーセージ」はドイツのフランクフルト生まれの「フランクフルトソーセージ」を、ソーセージ職人がオーストリアの首都ウイーンで紹介したところ大変好評だったので、食べやすく豚腸より細い羊腸に詰めて造った小ぶりのソーセージを「ウインナーソーセージ」と名づけたんだとか。
ソーセージ王国ドイツでは、「ウインナーソーセージ」より「フランクフルトソーセージ」の方が古くから造られていたようです。
一覧へもどる

All Rights Reserved, Copyright (c) ITOHAM FOODS Inc.利用規定個人情報保護方針