食品を購入する場合、「いつまで食べられるの?」ということは非常に大切な情報です。
皆さんが目にする期限の表示には、食品により「消費期限」と「賞味期限」の2つに分けられます。ただし、この「期限」は、未開封の状態でさらに『保存温度』を守ってのことですので、開封したらできるだけ早く食べ切るようにして下さい。

「消費期限」と「賞味期限」はどうちがうの?
〜「消費期限」は安全に食べられる期限、「賞味期限」はおいしく食べられる期限〜

「消費期限」とは、未開封の状態で保存方法を守り、食品の腐敗などが発生するおそれのない期限を示しています。対象となるのはスライスしたお肉やサラダ、お刺身等の生鮮食品、お弁当・惣菜・豆腐などの加工品が対象となり、作ってからおよそ5日以内に食べなければいけない食品に付けられている期限表示です。
「賞味期限」とは、未開封の状態で保存方法を守り、味や風味など全ての品質が十分に保たれておいしく食べられることを保証する期限を示しています。 ハム・ソーセージ・乳製品・かまぼこなど、「消費期限」より長く、およそ5日を超えても品質が保たれる食品につけられています。「賞味期限」を過ぎた場合でも食べられないわけではありません。

ハム・ソーセージは「賞味期限」を過ぎても食べられるの?
「賞味期限」は、あくまでもお客様に安心しておいしく召し上がっていただくための目安です。期限が過ぎたからといって食べられないということではありません。また、「賞味期限」内でも、保存の状態が悪いと品質が低下して腐敗する場合もあります。「賞味期限」が過ぎてしまったら、まず色・臭い・味をチェックして、変色や酸っぱい臭い・味がする場合は変質していますので、食べるのは止めましょう。 また、色・臭い・味に変化がない場合は食べても大丈夫ですが、気になる場合は加熱調理してから召し上がると良いでしょう。

一覧へもどる

All Rights Reserved, Copyright (c) ITOHAM FOODS Inc.利用規定個人情報保護方針