Enjoy your life
chapter01
冷蔵・冷凍庫の活用法
chapter02
ダイエットとお肉の関係
お肉のタンパク質・鉄分は不可欠
chapter03
肉を控えたあっさり食事がいい?
ビタミンミネラルたっぷりの長寿食
長寿の秘密「ビタミンB1!」
chapter04
ストレスに勝つ!
お肉とビタミンの関係
お肉とミネラルの関係
chapter 04 その 1 役立つお肉の栄養学
お肉のタンパク質で「ストレスに勝つ!」
働き盛りのお父さんのストレスを、日々気にしているお母さんも多いのでは?ストレスは私たちの体にさまざまな悪影響を及ぼします。 そんな時こそ食べたいのがお肉。 ストレスによるダメージから体を守ってくれるという、何とも心強い存在なのです。
? ストレスが引き起こす病気は?


心と体、両方に影響します

胃潰瘍、心筋梗塞、がん、うつ病などを引き起こす原因となります。
免疫力を低下させ病気が起こりやすくなります。
また、ストレスを感じると血圧が上がったり、
血清コレステロール値が急上昇し血栓ができやすくなります。

いろいろなダメージから身を守ってくれるお肉。どんな風に体内で働いてくれるのでしょう。

お肉の中には、ストレスに対抗してくれる優秀な物質が豊富です

□セロトニン
(アミノ酸などから生成される物質)
神経が活性化。
充実感や適度な睡眠が得られます。

□アナンダマイド
至福感、幸福感をもたらしてくれます。

□タンパク質
免疫力を高め、病気に
かかりにくくしてくれます。

□アミノ酸
交換神経の緊張を和らげ、
血圧の上昇を抑えます。

□ ペプチド
(タンパク質がアミノ酸に
分解される途中の物質)
血圧やコレステロールの上昇を
抑制。抗疲労効果も。






ストレスで特に消耗されるタンパク質。減った分、摂取することが大事! ストレスで減ったタンパク質はこのように有効に摂りましょう。



□他の食品に比べ、
お肉なら少ない分量で摂取OK

1日に必要なタンパク質は成人男性70g、女性は60g。牛乳なら3リットル、卵なら10個食パンなら5.5斤食べなければいけませんが、お肉ならステーキ2枚(約510g)で摂取できてしまいます。

□お肉同様、魚も食事にプラス
魚もタンパク質を含んだ食材です。 魚もバランスよく口にすることがオススメです。


ここがポイント! 〜ビタミンC〜

タンパク質だけでなく、ストレスを受けた時には大量のビタミンCが使われます。肉や魚だけに偏った食事をするわけにも行きません。ストレスに打ち勝つためにも、野菜などからビタミンCを取り入れることも大切です。


次のページへ

このサイト・著作権について
お問い合わせ