PERSON 人を知る

伊藤ハムの次期ヒット商品は、
九州から、自分の手で誕生させたい!

伊藤ハムウエスト株式会社 | 営業職 量販店担当

R・M 2011年入社

今の私 NOW

トレンドへのアンテナを
感度高く掲げて、
最適提案を。

九州の一部を管轄エリアとし、営業・配送を担っています。私の役割は、「本部商談窓口」としてお得意先様の要望をお聞きして、最適の商品を提案・販売することです。もともと私は、人間が生きていくうえで絶対に必要な「食」に興味があって当社を選び、入社しています。商品を通じて「食」を学びたいという意識が強かったので、商品を提案・販売する営業はまさにやってみたかった仕事でした。自分の努力、行動により、成果が数字として表れる点にもやりがいを感じています。提案にあたっては業界や食品について、さまざまな知識が必要となります。また独りよがりの提案にならないよう、お得意先様の考え方、意見をしっかり汲み取らなくてはなりません。そこが人対人の営業の難しいところですが、自分のなかに話題のレパートリーをつくり、そこから会話を展開させながら、コミュニケーションを重ねていくようにしています。そのうえで、世の中のトレンドをキャッチするアンテナを感度高く持つことを大切にしていきたいと思っています。

写真1

お客様目線の企画と
チームワークで
拡販を達成。

入社2年目の頃、営業という仕事もチームワークだということを実感する経験をしました。当時は、お得意先様であるスーパー等の売り場を提案する営業を行っていました。所属部署で調理加工食品の売り上げを伸ばすことが決定し、「おかず便り」(現「肉入り簡単今夜の一品」)シリーズの拡販に取り組みました。この商品は身近な素材を使って手軽に「もう1品」メニューがつくれる、「料理の素」です。これをどうやって売っていくかが課題でした。そこで社内の販売推進課の協力のもと、売場演出用の販促物を作成し、お客様の目に大きく訴えかける売場づくりを展開。晩御飯に、手軽につくれるメニューはないかと困っておられるお客様のニーズを捉えた試みは成功し、調理部門の売上は大きくプラスへと転じました。一人ではできないことでも、二人、三人、会社全体で取り組めば、困難なことも達成できるのです。このことは、消費者目線で考えることの重要性を改めて認識した事例でもありました。

写真2

Career

  • 1年目
    営業統括部九州営業部CS1課
  • 4年目
    九州営業部長崎営業所
  • 2018年3月時点

ある日のスケジュール

8:30

出社

メールチェックして、対応。資料確認などデスクワークを行います。︎

9:00

お得意先様訪問

お得意先様の店舗を巡回し、情報収集や提案を行います。

16:00

帰社

営業所に戻り、伝票処理や資料作成などデスクワークを行います。

17:30

退社

これからの私 FUTURE

伊藤ハムを代表する
ような大ヒット商品を
開発したい!

将来の夢は、伊藤ハムの大ヒット商品を開発することです。営業が商品開発?と意外に思う方もいるかもしれませんが、当社では営業がお客様に提案していくなかで、さまざまな商品開発に主体的に関わっていきます。お客様、すなわち市場に最も近いのは我々営業です。そのポジションを活かしながら、普段からお客様の店頭などで当社商品、他社商品のリサーチや、「食」のトレンドチェックなど、身のまわりの小さなことから情報収集に努めています。もちろん、こんな商品がつくりたい!と開発・製造部門に要求するだけでは絵に描いた餅に終わってしまいます。コスト的に可能か、当社の製造ラインに乗せられるのか、品質管理面で問題はないかなど、具体化するまでには多くのハードルがあります。そういった「ものづくり」のプロセスの現実もわかっていないと前に進めないので、これからは商品開発のスペシャリストともっともっと情報交換していきたいと考えています。

写真3

私の新人時代

初めてだらけで
苦労するけど、
新人は失敗を恐れず
挑戦すること。

お得意先様の店舗を巡回し、売場提案、商品提案、売場演出をする――。すべて初めての経験だったので、仕事の流れが分からず、行動計画を立てるのに苦労しました。しかし、上司・先輩たちのアドバイスやフォローのおかげで乗り越えられました。「失敗を恐れないで挑戦していく」という気持ちが大事だということ、自分ひとりで考えるのではなく、アドバイスを求めることの重要性にも気が付きました。

オフの日の過ごし方

写真:オフの日の過ごし方

学生時代にはラグビーを通して、あきらめない精神、困難な壁に対しても挑戦する気持ちを養いました。そんなふうに私を鍛えてくれたラグビーを、社会人になった今も続けています。また、入社してから始めた野球サークルも楽しんでいます。どちらも運動不足の解消に役立っています。

ページトップへ戻る