PERSON 人を知る

品質管理に携わる者として、
安全安心な商品づくりに妥協は許さない

伊藤ハムウエスト株式会社 | 生産技術職 品質管理担当

S・T 2010年入社

今の私 NOW

衛生管理徹底と
品質向上に向け、
社員が一丸となれる
風土をつくる。

品質管理課は、製造ラインの衛生管理指導、製造した商品の検査、商品の情報管理と提供、品質向上活動、法令違反の防止を主な任務としています。私の役割は大きく分けると次の3つ、ハム・ソーセージラインの衛生管理指導、ハム・ソーセージ類の情報管理と提供、品質向上活動です。製造現場で作業する人を指導するという立場なので、まず自分自身が正しい知識や情報を身につけることが重要です。仕事でとくに難しいと感じるのは作業者への指導面です。間違った方法をするのにはそれなりの理由があるはずなので、その原因を探るために相手の話をよく聞き、そのうえで正しい方法を身につけてもらうようにしています。一度指導しても身につかないことが多いので、根気よく取り組むようにしています。そういった日々の活動を重ね、社員が規則をしっかり守る風土をつくることで、よりよい工場に進化していくことがやりがいです。また、製造や営業部門などで働くさまざまな人とコミュニケーションをとれる仕事なので、視野が広がることも魅力に感じています。

写真1

製造ラインでの
トラブルを解決しながら
一歩一歩成長していく。

仕事ではいろいろなトラブルを経験するものです。周囲の協力を得ながら解決していくことで、私は少しずつ成長できてきたのかなと思っています。今でも印象的なのは、以前担当していた製造ラインでの製品トラブルです。要求された基準は満たしているものの、品質にごくわずかな差が出てしまうことが問題でした。いかにして品質の差をなくせばいいのか。考えられる原因を推理し、仮説を立てて、対策を検討します。さまざまな作業や工程の微調整を試してみて、その結果を毎日現場にフィードバックしながら検証を繰り返して、なんとか解決に至ることができました。このときは現場で作業をする人に検証結果を、データとして目に見える形で伝えることを心ががけました。そうすることで、製造工程で現に起こっていることが「見える化」され、全員がより深い理解と共通認識を持つことができたと思います。このときの経験から、客観的データでわかりやすく伝えることの重要性を学ぶことができました。

写真2

Career

  • 1年目
    加工食品事業本部生産本部九州工場品質管理課
  • 2018年3月時点

ある日のスケジュール

8:30

出社

メールチェック後、前日に作成した1日のスケジュールを確認。毎朝のラジオ体操で体をほぐします。︎

9:00

朝礼

連絡事項を伝え、課内で情報を共有して、目標や遵守事項に対する認識を高めます。

9:20

検査業務

細菌検査の結果を確認し、各製造現場担当者に結果を報告。ときには、製造現場に直接出向いて報告し、みんなで協力しながら安全・安心な製品づくりに向けた意識を高めていきます。

12:00

昼食

課の人たちと一緒に社員食堂でランチタイム。会話を楽しみながら、リラックスのひとときです。

13:00

工程巡回

製造工程に問題がないか巡回点検。ただ工程を見るだけでなく、作業をする人たちと会話しながら現状を確認します。

15:00

休憩

効率の良い仕事のためにも休憩は不可欠です。リフレッシュしてまた仕事へ。

15:30

事務作業

営業担当者が商談の際に使用する提案商品の規格書を作成します。

17:15

退社

これからの私 FUTURE

現場作業者の良き
お手本になることを
目標に。

衛生管理の徹底と品質向上のため、製造現場の作業者に適正なルールを守ってもらうよう指導するのが品質管理課の役割です。したがって、指導にあたる私自身が作業者の見本となれる人でなければなりません。私の確認不足で製造現場が混乱したり、間違った情報提供をしたりしてしまうと、結果的にお客様に迷惑をかけることにもなりかねません。そのようなことのないよう、自分自身が決められたルールを正しく身につけ、理解し、行動することが大切です。それが妥協しない安全安心な商品づくりへとつながると思っています。また、働き方という点では、仕事と家庭の両立を目指しています。私には仕事も家庭もどちらも大切。職場では周囲の人たちと情報を共有して効率良く仕事を進めるようにし、家庭では夫に家事を協力してもらっています。なんでも一人で抱え込んではうまくいきません。仕事も家庭も、周りの人たちと協力して取り組むのが一番ですね。職場の皆さんと夫には感謝しています。

写真3

私の新人時代

1年目でベテランを
指導する!?
新人は「ひとりで
悩まない」
で……

研修を終え、初めて配属された品質管理課の製造ラインで衛生管理指導と商品の検査を任されました。「指導」すべき対象は、私より経験や知識が豊富な現場作業者の方ばかり。自分の考えをどのように伝えればよいのか…。悩んだ私は、先輩の現場巡回に同行させていただき、作業者の方々との接し方を教わりました。何かあったらひとりで悩むのではなく、周囲に協力を求めることが大切だと学びました。

オフの日の過ごし方

写真:オフの日の過ごし方

趣味でフラダンス教室に通っています。子どもから年配の方まで幅広い世代と交流でき、友人関係も広がりました。休日にはフラダンス仲間と、お祭りや施設の慰問に出かけたり、フラダンス大会などに参加して、アロハの精神のもと、笑顔と思いやりの心に磨きをかけています。

ページトップへ戻る