PERSON 人を知る

社内各部署の応援を得て、戦略を描き実行する――
それが営業職の面白さ

社内各部署の応援を得て、戦略を描き実行する――それが営業職の面白さ

伊藤ハムミート販売東株式会社 | 営業職

T・S 2013年入社

今の私 NOW

食肉という
生もの相手のビジネスに
営業として挑戦。

伊藤ハムミート販売東は、百貨店、スーパー、精肉店などに、食肉や食肉加工食品等を販売しています。私はローカルスーパーから地元百貨店、精肉店や飲食店等のお得意先様へのルート営業を担当しています。伊藤ハムグループの中核を担う食肉事業において非常に重要な食肉販売業務に携われること、そして業界知識豊富な先輩方と、同じ価値観を共有しながらともに仕事ができることは私の大きな喜びです。食肉は機械製品ではなく生ものです。牛、豚、鳥、羊ごとに産地やランク、部位など覚えておくべき専門知識が多く、食肉業界は生産の川上から販売の川下まで複雑多様な流通過程があります。また市場相場で価格が変動することもある困難な業界ですが、営業としては、業種業態・取扱品が異なるお得意先様がそれぞれ何に困っておられ、何を望んでおられるのかを把握して、最適な提案ができるよう心がけています。そうした日々の営業活動の実践のなかで、必要な知識や情報も吸収していけるものと思っています。

写真1

お得意先様との会話から
ビジネスチャンスが
生まれる。

営業という仕事の魅力は、お得意先様から会社や商品だけでなく「自分自身」を見て評価していただけること。とりわけ商品や価格に大きな差がないときは「だれから買うか」、つまり「人」が最後の決め手になるのです。選んでいただくには、「自分」を知っていただかなくてはいけません。そのためには積極的に会話をすること。会話のネタはどこにでも転がっています。

納品中、見たことのない他社製品を冷蔵庫で見つけた時に、すかさず「これは何ですか?」「いくらで仕入れておられますか?」と質問し、帰社してから価格を確認して、次回訪問時に「弊社ではこの値段でいけます」と提案したことで、自分も知らなかった希少部位の新規注文をいただいたことがあります。お得意先様と会話することで、ビジネスチャンスが生まれ、自分の知識も増え、自分という人間を知ってもらえます。一石二鳥、三鳥にもなるのですからコミュニケーションはすごく大事だと思っています。

写真2

Career

  • 1年目
    関東営業部首都圏西部販売部西北営業所
  • 2018年3月時点

ある日のスケジュール

8:25

出社

8:30

業務開始・朝礼

朝礼で本日の仕事内容を確認し、1日分の商品を各自のトラックに積み、訪問の準備をします。

9:30

営業所出発

お得意先様を巡回訪問します。1日の訪問件数は10件程度。毎日訪問するお得意先様もあれば、1週間に1度のところも。訪問頻度は時期やお得意先様ごとに異なります。訪問の合間に昼食をとります。

17:00

帰所

事務所に帰って事務処理。その日の注文の確認、伝票処理、そして翌日の準備をします。

18:30

退社

これからの私 FUTURE

個人商店のように
自分の才覚で売り買いを
仕切っていける。

食肉の営業の面白さは、自分自身の考えで何をどれだけ売りたいのか戦略を描いて、売価も含めて自由に提案できること。利益率についても営業の判断で任せてもらえます。このお得意先様にこの値段なら今すぐこの商品が売れる!自分でそう判断したら即仕入れればいい。仕入れ値も自分で交渉します。さながら個人商店になったイメージですね。もちろん判断ミスで売れ残りが出そうになったら、お得意先様や先輩にお願いして「協力」いただくこともあります。そういうことができる関係性を築いていくのも営業の役割だと思っています。おかげさまで2015年の年末商戦では、売上予算対前年比200%と、予算目標を大幅に達成できました。自身が計画し、会社にコミットメントした目標を大幅にクリアしたことで、自分の頑張りが会社に評価され、かつ私自身も強い達成感が得られました。競合相手との激しい戦いのなか成功できたのは、日頃から重ねてきたお得意先様とのコミュニケーションの成果、そして多くの部署から応援をいただき、伊藤ハムグループの総力を結集して課題を解決できたこと、それに尽きると思います。

写真3

私の新人時代

専門用語がわからず
会話に苦労。
教えを乞うことで
人脈づくりが……

初めて営業に出たときは業界内の専門用語がわからず、お得意先様との会話に苦労しました。わからないことは帰社してから先輩に聞いたのはもちろんですが、時にはお得意先様に直接教えていただくことも! 新人だからできたことですね。ただ、素直に教えを乞うことで、職場内メンバーとつながりができました。ひとりで悩まず相談することで、お得意先様により良い提案ができています。

オフの日の過ごし方

写真:オフの日の過ごし方

趣味は社会人になって始めたゴルフ。スコアは順調に伸びています。冬はスノボもやりますね。休日前には学生時代の友人などとの飲み会やカラオケも楽しんでいます。また職場では年に数回、ボーリング大会やBBQ等のイベントがあるので、参加するのが楽しみです。

ページトップへ戻る