ページタイトル

贅沢カルボナーラ

レシピ詳細
贅沢カルボナーラ

レシピ情報

- 15(分) 0(g)

memo

ジューシーなハムの旨みと、香りがアクセントになるカルボナーラ。

食材(2人分)

  • 厚切りロースハム
    約50g
  • にんにく
    1片
  • オリーブ油
    小さじ1
  • マッシュルーム
    4個
  • 白ワイン
    40CC
  • A 卵
    2個
  • A 粉チーズ
    20g
  • A 粗挽き黒こしょう
    小さじ1/2
  • A 生クリーム
    40g
  • タッリアテッレ
    90g
  • 卵黄
    2個分
  • 粗挽き黒こしょう
    適量

作り方

(1) ハムは1cm角の棒状に切る。にんにくは芽を取り包丁の腹でつぶす。マッシュルームは半分に切る。Aはよく混ぜ合わせる。
(2) パスタはタイミングを見計らって、アルデンテにゆでる。
(3) フライパンににんにく、オリーブ油、ハムを入れて火にかけ、脂を出すようにじっくり炒める。
(4) マッシュルームを加えてさっと炒め、白ワインを加えてアルコール分を飛ばし、半分位まで煮詰める。
(5) 水気を切ったパスタを加えて混ぜ、火を止め、Aを加えて濃度がつくまで余熱で和える。
(6) 器に盛り、卵黄をのせ、粗挽き黒こしょうをふる。
*クリームが絡みやすいスパゲッティを
カルボナーラにはタッリアテッレがおすすめ。フェットチーネよりやや薄くて幅が狭いパスタで、クリームソースとの相性が抜群の平麺(5〜10mm)です。
参考までに、一般的なスパゲッティ(1.4〜1.6mm)は濃厚なソース向きで、カッペリー二(0.9mm)は細いので軽いソース向き。ファルファーレ(ショートパスタ)は中心部に芯が残る独特の食感で、スープやソースに絡みやすいところがポイントです。
*アルコール分はしっかり飛ばす
アルコールをしっかり飛ばすことで酒臭さがなくなり、味に深みが増します。
*余熱で卵はなめらかに
カルボナーラソースで肝心なのは卵。余熱でゆっくり火を通すことで、卵は固まらずなめらかな仕上がりになります。
【参】人気のレシピ